こまつなニュース

「こまつなガレージ。」活動拠点のつくばエクスプレス「八潮駅」を紹介!

バンド活動拠点の「八潮市とは?」

こんにちは!こまつなガレージのにんにんです。

今回は一人でも多く知っていただきたいこと。
それは「こまつなガレージ。」がどのような場所で活動しているのか、主な活動拠点の八潮市をご紹介いたします。

戦後、地方自治を大きな柱とした新憲法が公布され、政府は、適正な自治体経営に必要な町村規模を計画して、昭和28年(1953年)に町村合併促進法を公布した。八條、潮止、八幡の三村合併協議は、なかなか合意にいたらなかったが、八條村大字立野堀地区(現草加市稲荷)を分離し、新村名は三村の頭文字をとって「八潮」とすることで合意し、昭和31年(1956年)9月28日に八潮村が誕生した。
誕生までにさまざまな経験をした「八潮」であったが、都心から20キロメートル圏内という地の利もあり、その後の高度経済成長による工場の進出や急激な人口増加により発展を続け、昭和39年(1964年)に町制施行、昭和47年(1972年)には市制を施行した。
その後首都高速道路の開通や、区画整理事業による都市基盤の整備、平成17年(2005年)のつくばエクスプレスの開業などがあり、まちの様相は大きく変化してきている。

引用元:八潮市役所ホームページ

とまぁ、市役所から引用したものを読んでいただけたかと思いますが、要するに
「今がナウい街!」と言うことですね!

スポンサーリンク

活動拠点がなぜ八潮市なの?

なぜ八潮市が活動拠点なのかをご説明すると、私を含めメンバーのほとんどが地元なんです。ひと昔前は田園風景が広がり、工場や倉庫なども多い土地でした。東京へ出るにも電車がないのでバスで近隣の市の駅へバスまたは自転車で移動してから電車に乗ると言う生活スタイルがありました。先人の方々には尊敬いたします。
でも、それはそれでいいところも色々ありました。例えば、

・純粋の駄菓子屋が存在している事。
・昆虫や野良猫、野良犬などがいる事。
・外国人労働者が多かった事。
・襟足の長い人たちの比率が全体の40%ぐらい占めている事。
etc…

今思えばですが味のある街でした。

しかし、2005年八潮市民にとっては願っても無い出来事が起きます!
そう、つくばエクスプレスの開通!です。

http://www.mir.co.jp/


なんと秋葉原まで20分!終点のつくばまでは39分なんです!
しかも、上り電車にも下り電車にも魅力的な商業施設が存在し、車で行かなくても電車で行けてしまうという利便性の良さ!私たち八潮市民にしてみたら夢のような感覚です。ドラゴンボールで例えるなら、悟空が亀仙人の修行の時に背負っていた亀の甲羅を脱いだ感覚ですね!非常に身軽になりました。
まぁ、よくわからない例えですが非常に便利になりました。

くま
くま
・・・。
にんにん
にんにん
すまん。。。

あと、都内に勤めている会社員の方々にも非常に便利になったのも良いところですね。都内で家を買ったり借りたりして生活するよりは、かなり安く生活できるのも魅力ですね!そのような事もあり、最近では八潮駅の周りにはマンションやアパートがバンバン建てられています。と言うことは同時に商業施設も充実しており、新婚さんや学生さんなど多くなってきています。新しく美味しいお店とかもたくさん出店しているし、不自由のない街になってきたのは間違いないですね!

そんな「今がナウい街!」でバンド活動が出来ると言う幸せを噛み締めながら、微力ではありますが、もっと地元を盛り上げていきたいと思っています。
それが「こまつなガレージ。」のアイデンティティです。

隠れた名店なども多いです!

先ほどお話しした新しくて美味しいお店はいっぱいありますが、私たちが昔から慣れ親しんだお店とかも今も存在しており、駅前にない「隠れた名店」などもたくさんあるんですよ。
ただ、それは次回のお楽しみということで書いていきたいと思っています!
お時間のある時にまた覗いてください。今回はこの辺で!

スポンサーリンク

次の記事へ





ABOUT ME
にんにん
にんにん
埼玉県八潮市発の超無名コピーバンドの奮闘記。バンドリーダーのにんにんが日々の出来事やメンバーがふと思う事、激レアのライブ情報などを更新していきます。
こまつなガレージ。

ツイッターも絶賛稼働中です!